中性脂肪とコレステロールの違い

トップページ > 中性脂肪とコレステロールの違い

4_中性脂肪とコレステロールの違い

高脂血症の原因は血液中の脂質の中の中性脂肪とコレステロールです。とはいえ、この中性脂肪とコレステロールは、何が違うのでしょうか?

 

中性脂肪は分解して遊離脂肪酸になるため、体の中ではエネルギー源となります。そしてコレステロールは、細胞膜やホルモンの原料となるため、特徴も働きかけも違います。

 

これだけ見ると有用な成分に思えますが、これが過剰になると脂肪としてカラダに蓄えられたり、または血管壁に付着するようになり、動脈硬化などの原因になります。

 

人間が普段活動するときに利用されているエネルギー源は糖質なのですが、これが不足すると中性脂肪が予備エネルギーとして利用されます。そのために皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えるようになっているのです。

 

コレステロールは体の中で分泌される様々なホルモンや細胞を作る上で重要なものですが、より細かく言えば、善玉コレステロールと、悪玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールは上記のように動脈硬化などの原因になりますが、善玉コレステロールは悪玉コレステロールを分解して排出するのを助ける働きをしています。

 

高脂血症は、血液中にこういった脂質が多く入ってくることですが、善玉コレステロールは問題にならず、余分な中性脂肪や悪玉コレステロールが問題となるのです。ですので高脂血症にナットウキナーゼが効く!ということになります。

 

 

脂質自体はカラダになくてはならないものですから、高脂血症だからと言ってまったく摂取しないのはよくありません。あくまでバランスを意識することが大切です。