プエラリア人気サプリガイド

トップページ > プエラリア人気サプリガイド

プエラリア人気サプリガイド

プエラリアとは
プエラリアとは、学名をプエラリアミリフィカというマメ科クズ属の植物です。タイの北部やミャンマーの山岳地帯亜熱帯地域という自然の厳しい地帯に生息する植物で、タイではホワイトガウクルアと呼ばれています。

 

植物性エストロゲン
プエラリアが日本でも話題になっているのは、その根の部分に植物性エストロゲンといわれる成分が宿っているからです。エストロゲンは通常、女性ホルモンと呼ばれる動物性のものです。

 

しかし動物性のエストロゲンは加齢などによって減少していくため、植物の中に似たような働きをする成分が発見されたものを植物性エストロゲンと呼んで珍重しているのです。

 

プエラリアは、タイでは昔から若返りの薬として用いられてきました。それも、天然のプエラリアには植物性エストロゲンが大豆の40倍以上も含まれているから。昔の人はそんなことは知りようがなかったでしょうが、使用すると効果があったので薬用にされてきたのです。

 

女性の美乳効果
1960年12月、英国のネイチャー誌にこんな記事が発表されました。「プエラリアには大豆イソフラボンにはほとんど含まれていないプエラリンという美乳効果をもつ成分が多量に含まれいる」これを機に、プエラリアは世界で注目される植物となりました。

 

ミャンマーの首都ブーカムにある仏塔でも、プエラリアについての古文書が見つかっています。「高齢の女性がプエラリアミリフィカを食べることでいつまでも美しさと健康を保った」こんな記述が残っているのでは、注目の後押しになるのは当然ですよね。

 

日本でもプエラリアがバストアップ対策に人気で、ロングセラーが続いています。長い間人気が続いているということは、それだけ実感している人も多いということかもしれません。

 

医療現場でも使われるプエラリア
プエラリアミリフィカは、医療現場でもホルモン補充療法として利用されています。PMSや更年期障害の諸症状の改善策として有効で、ホルモンバランスを安定化させることで症状を緩和させることが可能だとされているのです。

 

内服薬として
卵胞ホルモンあるいはプエラリアミリフィカを錠剤にして服用するのが、ホルモン補充療法の内服薬です。シップやパッチの状態で、腹部付近に貼るという方法も用いられています。貼り薬の場合は、卵胞ホルモンと黄体ホルモン両方の薬が使用されます。

 

いずれにしても、従来は卵胞ホルモンそのものが利用されていたのが、現在ではプエラリアも利用されているというわけです。

 

副次的な効果
ホルモン補充療法は、減少してきた女性ホルモンを充足させる療法です。このことから、療法を始めるとアンチエイジング効果が出てくる人もいます。

 

女性ホルモンの影響で、皮膚内のコラーゲンが増加したり、それによって肌のつややうるおいが回復し、しわがなくなるなどの現象が出る場合があるのです。もちろん美容皮膚科など以外の医療機関では、美容目的でホルモン補充療法を受けることは難しいです。

 

しかし、総合ホルモン補充療法といって様々なホルモンを組み合わせて投与することによって全体的なホルモンバランスをコントロールすることが出来るような医療も出てきているのも事実。

 

心身ともに若返りが可能とあって、女性だけでなく男性にも注目されています。実年齢と見た目の若さが信じられないほどの差が出てくる人は、ますます増えるかもしれませんね。