オサカナスキヤネを肝に銘じ高血圧対策

トップページ > オサカナスキヤネを肝に銘じ高血圧対策

オサカナスキヤネを肝に銘じ高血圧対策

高血圧の人が気をつけたいのが、ドロドロの血液状態です。何とかしてサラサラと流れてくれる血液状態にしたいので、食生活や生活習慣を改善していきたいものです。サラサラを目指す食事としては、取り入れたい食材があります。ここでは、どんな食材がサラサラを目指す力が高いかについてお話しましょう。

 

オサカナスキヤネ
サラサラを目指したい人が覚えておきたいのが、「オサカナスキヤネ」の合言葉。この言葉は、血液サラサラ作用の高いお茶、魚、海藻類、納豆、酢、キノコ類、野菜、ネギ類の頭文字を順につなげたものです。どんな食品がサラサラ効果を持っているか、全部覚えきれないという人は「オサカナスキヤネ」を暗記しておいて買物に行ったときに思い出すといいでしょう。

 

お茶には抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれ、魚にはDHA・EPAが多く含有されています。海藻類のアルギン酸はコレステロールの減少に、納豆は血栓をとかす成分を含有、お酢は血液の老廃物を排出してくれます。キノコは血糖値やコレステロール値を下げ、野菜にはビタミンが豊富、そしてネギには血栓の予防をする働きがあるというわけです。

 

バランスよく食べる
こうした食品類をバランスよく、規則正しい時間に食べることが、高血圧の改善や予防への第一歩です。一つの食品だけを延々と食べ続けても、健康になれるとは限りません。体に悪い食品は避けて、高血圧に良いとされるものをいろいろ食べることで健康を目指しましょう。また、なるべく体を動かすようにして、肥満を避けることも高血圧対策となります。